完全な不安定という安定した日常blog

完全な不安定という安定した日常を送っています。
そのような日々の中で、
読んだ本や日常のこと、
心理学や研究のことを記録していきます。
ブログ・研究のキーワード:甘いもの、心理学、被援助志向性、援助要請行動(help-seeking behavior)、学生相談、学生支援、大学生、発達障害、ヘルピング・スキル(helping skills)などなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ある会話
夜、自宅に向かって帰宅途中、高校の校門の前で
二人の男が花壇に座っている。
50代と思われる痩せ型の男と、30代と思われる太めの男。
両者とも普段着。

痩せ型:「あんた、詐欺師の手下になっちゃいなよ」(やや馬鹿にしたような感じで)
太め:「・・・・」(痩せ型の方をじっと見ている)
痩せ型:「だから、詐欺師の手下になっちゃいなって」
太め:「・・・」


この先の会話を聞いていたかったが、もちろん、立ち止まって聞いていたら怪しまれるから、気になりつつその場を後に。

いったいどういう状況だったのか。

・太めが痩せ型にちょっとしたうそをついた。あるいは悪気はなくなにかミスを犯した。それを、痩せ型がねちっこく、遠回しに責めている。

「詐欺師になっちゃいなよ」ではなく「詐欺師の手下になっちゃいなよ」に重要なヒントが隠されている気がする。

うーん、なんだったんだろう。気になる。
| massa | どうでもいいこと | 10:10 | comments(0) | - |
『空港にて』
村上龍 文春文庫

これまた短編集。
最近、長編の読むエネルギーがないのと、短編自体の魅力にもはまってるからかな。
淡々と描写される、主人公の心情と外界の世界。
始めは、会話文が少なくてちょっと疲れてしまったのですが、だんだんとその詳細な描写に引き込まれていきました。
ほんと、時間が凝縮されている感じです。
疲れた。

空港にて
空港にて
村上 龍
| massa | 本を読もう(その他)。 | 13:05 | comments(0) | - |
『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』
江國香織 集英社文庫

It's not safe or suitable to swim.
江國さんが実際にアメリカを旅行してたときに見た立て札の言葉だそうです。
短編集で、表題にもなってる『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』は山本周五郎賞受賞。
うーん、僕はやっぱ唯川恵派かな。
うまく説明できないんだけど。
消化しきれない感じです。
多分、また時間がたって読み返してみると、かなり違うと思う。

泳ぐのに、安全でも適切でもありません
泳ぐのに、安全でも適切でもありません
江國 香織
| massa | 本を読もう(その他)。 | 00:39 | comments(0) | - |
『スローグッドバイ』


石田衣良 集英社文庫

恋愛短編集。

「泣かない」
恋愛に傷ついたハナ。
つらい気持ち、まだ彼のことを好きな気持ち、それを認められない。
そんなハナに対する彼の友人のスギモトの言葉。
「涙を流さなきゃ、始まらないことだってあるんだよ」
ありきたりな言葉かもしれないけど、でも、やさしいよね。

この本の短編すべてにいえることなんだけど、読み終わったあと、
ニタッとなってしまう。とても心地いい気分だ。

石田さんの小説だと、この本の前には『娼年』を読みました。

スローグッドバイ
スローグッドバイ
石田 衣良
| massa | 本を読もう(その他)。 | 10:07 | comments(0) | - |
鱒の鮨
2004年10月11日(月)夜

教育心理学会総会に行ってきました。
臨床心理士の試験があったため、3日目だけの参加でした。
しかも、富山・・・。
初めての富山。日帰り。滞在時間9時間。
お笑い番組の罰ゲームなみですね。
教心は大規模に総会もやっているのかなと思っていたのですが、
思ったよりも人が少なく(これは3日目だから?)、小規模でした。
やはり大都市の開催でないと人が少ないのでしょうか。
富山在住26年、関東出身のタクシーの運転手(おばさま)は富山のよさを語ってくれました。田中耕一さんが富山の県民性を象徴しているそうです。
それから、路面電車が走っていましたね。都電っぽく親しみを感じました。
あー、おいしいもの食べたかったなー。
| massa | どうでもいいこと | 22:55 | comments(0) | - |
臨床心理士試験
2004年10月10日(日)深夜

ついに、きてしまいました。というか、もう終わってしまったのですが。
とりあえず、受けてみての感想は、「手応え無し」です。
難しかったですよ。まぁ、私の勉強不足ということもあるのですが。
マークシートについて。
まず、問題用紙の分厚さに驚いてしまいました。
ジャーナル一冊分くらい。
内容は、基礎心理、発達障害関係、事例問題が多かったです。あと、なぜか描画法が。
基礎心理もっと勉強しておけばよかったな・・・。
事例は勉強してもいくら考えてもわからないと思うんですけど、
基礎心理はやれば取れると思うので、基礎心理で得点取れると大きいですね。
ちなみに今年のロールシャッハは片口法でした。
そして、論述。
やられましたねー、意表をつかれました。
「心理臨床実践の基礎と深化のために求められる二大研究法である「事例研究法」といわゆる「数量的研究法」の異同について述べよ」
でした。
研究法が来るとは・・・、たしかに、マークシート、統計の問題少なかったよな・・・。
まあ、よーく考えれば予想できなくもなかったですよね。くやしー。
無理して、1200字埋めました。薄っぺらい内容になってしまいましたー。

試験を終えての周りの人々の感想は、「問題の傾向が今までと違う」、「難しかった」が多かったですね。
マークシートもひねった問題や言葉の言い回しが微妙な問題が多かったです。

ビッグサイトは初めてで、私は展示棟だったのですが、だだっ広いところに、会議机がひたすら並べられており、受験者がまさに展示されてるような感じでした。試験中、ふと天井を見上げて、「あー、天井高いなー。この天井が落ちてきたら、将来の臨床心理士をいっぱい失うのかなー」なんて、集中力が途切れ、いろいろと考えてしまいました。

結果は2週間後。それまでは落ち着きませんね。
一次通ってほしいなー・・・
| massa | 日々のこと。 | 23:43 | comments(0) | - |
『統合失調症者とのつきあい方』
2004年10月5日(火)未明

・野坂達志著『統合失調症者とのつきあい方 臨床能力向上のための精神保健援助職マニュアル』金剛出版

 この本はなんのきっかけで知ったのか忘れてしまったのですが、東先生が教科書に使いたいとの絶賛コメントとのことだったので、購入しました。
 タイトルには統合失調症とあるのですが、統合失調症に限らず援助職一般に通じることが書かれており、とても実践的で即役に立ちそうな内容でした。
 主にシステムズ・アプローチの考え方に基づいていて、東先生のセラピスト入門・技法に負けず劣らず読みやすく、私としてはこの本の方がお勧めです。というのは、うまくいえないのですが、著者の援助の際の考え方が丁寧に書かれているので、そのかかわり方がリアルに感じられるのです。
 システムズ・アプローチに興味ある方はぜひぜひ一読を!

統合失調症者とのつきあい方―臨床能力向上のための精神保健援助職マニュアル
統合失調症者とのつきあい方―臨床能力向上のための精神保健援助職マニュアル
野坂 達志
| massa | 本を読もう(心理学)。 | 00:57 | comments(0) | - |
認定カウンセラー技能試験
2004年10月3日(日)夜

今日は認定カウンセラーの面接試験でした。
”面接試験”?
そう、面接試験。
きっと今までの経歴や拠って立つ理論、現在の臨床活動など聞かれるんだろうなー、などと考えながら当日を迎えました。
さて、当日。
面接室に入ると、面接官が二人。
まぁまぁ、予想通り。
そこに、一人の男性が一緒に入ってくる。
??
面接官「じゃ、まずロールプレイをやっていただきます」
私「!?(沈黙5秒くらい)」
外国語を聞いているような、面接官が話していることが理解できませんでした。
そんな感じで、私としてはまったく予想外の展開だったので、何がなんだかわからず始まってしまいました。
緊張はするわ、噛みまくりやら、ぐだぐだでした。
設定は両親のことで悩んでいる人。
もう、自分の思うようにやりましたよ。
お偉い先生の前でロールプレイをやるなんて・・・
でもなかなか楽しかったです。
これもいい経験。

その後は予想通りの面接。
現在の仕事の内容や印象に残っているケース、拠って立つ理論など。
長いようで短い20分間でした。
さて、結果はどうなることやら。またのお楽しみ。

ずっと、”面接試験”だと思っていたのですが、よく書類を確認したら”技能試験”でした。
そりゃ、ロールプレイもやるわな。
| massa | 日々のこと。 | 00:49 | comments(0) | - |
キャニオニングです。
2004年10月2日(土)夜 

ナイナイサイズ見ました?
そう、キャニオニングです。
私は今年の8月にキャニオニング初体験しました。
最初”キャニオニング”誘われた時、「えっ、何それ!?」でした。
説明を聞いてもイメージができず、当日までどきどきでした。
実際やってみたら、それはもう〜、って感じです。
午前中はラフティングで午後にキャニオニングだったんですが、
岡村さんが言ってましたけど、ホント、テンションあがりっぱなしです。
自然のすばらしさを体感した一日でした。
6月、9月が川の水量が多くて楽しいみたいですよ。
今度はその時期に行きたいな。
| massa | どうでもいいこと | 00:38 | comments(0) | - |
認定カウンセラー。
2004年10月2日(日)晴れ。

今日は認定カウンセラーの筆記試験。
正直、認定カウンセラーの試験勉強どころでなく、いろいろ他の事に追われていて勉強できませんでした・・・。

とりあえず、試験を受けてみての感想は、「記号問題でよかった・・・」です。
 というのも、ずっとマークシートだと思っていたんですよ。試験問題配られたら、マークシート用の解答用紙でなかったので、かなり汗たらたらしてしまいました。おいおい記述式かよー。
 実際は全て記号問題だったので一安心。
 論述も比較的書きやすい内容でした。1.連携、2.倫理、の問題。詳しく覚えていないので、漠然と。漠然としすぎ。CP試験のいい練習になったかな?
 受験者は比較的、私より年配の方が多かったかな?あと女性が多かったです。私はちょっと場違いな感じでした・・・。
 でもなんで私は認定カウンセラーを受けたのだろう・・・?

 帰りに、もちろんジュンク堂へ。
 今年の日心大会のワークショップの三野善央先生の話を聞いて以来欲しいと思っていた『レッスンとうごうしっちょうしょう』(メディカ出版)と『The R Book データ解析環境Rの活用事例集』(岡田昌史編・9-ten)を購入しました。『レッスン〜』の方は統合失調症患者の家族への心理教育のための本です。心理教育全般的に現在かなり興味ありです。そして三野先生の人柄にかなり興味ありです。
 Rの方はなかなかいじるだけでその先にステップアップできずにいたので、これを機会にがんばります。
| massa | 日々のこと。 | 21:07 | comments(2) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助 (JUGEMレビュー »)

援助要請・被援助志向性研究の最前線!困っていても助けを求めない・求められない人たちをどのように理解し、そして支援を届けるか。
Temple Grandin [DVD] [Import]
Temple Grandin [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

テンプル・グランディン先生の映画!みなさんに絶対に観てほしい!
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助 (JUGEMレビュー »)
本田 真大
援助要請の観点をどのように臨床現場で活用するか、わかりやすくまとめられています。「助けて」といえない子どもや親の心理を理解したい方、対応に悩んでいる方、そして援助要請研究に興味を思っている方にもお勧めの1冊です!
ちづる [DVD]
ちづる [DVD] (JUGEMレビュー »)

自閉症のちーちゃん(ちづる)をおにーちゃん(監督)が卒業制作として撮ったドキュメンタリー映画。
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action (JUGEMレビュー »)
Clara E. Hill
第4版が出ました!
Hill先生が提唱するヘルピングの3段階モデルと、各段階で用いられるスキルについての解説。パーソンセンタードアプローチ、精神力動的アプローチ、行動的アプローチを統合したモデルで、自分の援助理論と実践を整理するのにとても役立っています。
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味 (JUGEMレビュー »)
岡 昌之
悩んだり行き詰まりを感じた時にいつも助けてもらっている一冊。
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講 (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ヤーロム
ヤーロム先生の言葉が響きます。ふと気が向いたときに、本を手にとって、偶然開いたページを読んだりしています。
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく) (JUGEMレビュー »)
向谷地 生良
心理職はもちろんのこと、対人援助職の人にぜひお薦めしたい1冊。援助すること、助けるということについて、改めて考えてみませんか?
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方 (JUGEMレビュー »)
水野 治久
「チーム援助」を支える研究、そして実践まで!
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」 (JUGEMレビュー »)
吉川 悟
システムズアプローチを学ぶ人、必携。
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41)
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41) (JUGEMレビュー »)
綾屋紗月
丁寧に、真摯に、目をそむけずに、言葉にして、伝えること。
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因 (JUGEMレビュー »)
スコット・D. ミラー,マーク・A. ハブル,バリー・L. ダンカン
心理療法の治療的変化に寄与する4つの要因(ーN迭依廾、⊆N鉄愀戸廾、モデルや技法要因、ご待、希望、プラシーボ要因)を具体的にどのように心理療法の実践に生かしていくのか?

このページの先頭へ