完全な不安定という安定した日常blog

完全な不安定という安定した日常を送っています。
そのような日々の中で、
読んだ本や日常のこと、
心理学や研究のことを記録していきます。
ブログ・研究のキーワード:甘いもの、心理学、被援助志向性、援助要請行動(help-seeking behavior)、学生相談、学生支援、大学生、発達障害、ヘルピング・スキル(helping skills)などなど。
<< 『Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action 4th ed.』 | main | 『うつと援助をつなぐ: 援助資源マッチングに向けた臨床心理学研究』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『わが国の学生相談領域における援助要請研究の動向と課題―2006年から2012年を対象として―』
大学の紀要に書いた下記の論文が大学リポジトリからpdfでダウンロードできるようになりました。

木村真人 (2014). わが国の学生相談領域における援助要請研究の動向と課題―2006年から2012年を対象として― 国際研究論叢, 27(3), 123-142. 

pdfのダウンロードはコチラ → 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部リポジトリ

こちらの論文、

木村真人 (2007). わが国の学生相談に対する援助要請研究の動向と課題 東京成徳大学人文学部研究紀要, 14, 35-50.

のその後です。

こちらのpdfのダウンロードはコチラ → 東京成徳大学研究紀要

学生相談領域の援助要請研究は増えていますが、課題はまだまだ多いです。
引き続き、研究&実践続けていきます。
| massa | 研究をしよう!! | 21:53 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:53 | - | - |
論文見ました。引用もしていただいてありがとうございます。学生相談の援助要請研究も多くなっているのですね。介入研究を行う上で,従属変数の援助援助要請の諸概念の定義や測定される内容を明確にすることが不可欠ですね。また,引用されているようなアウトリーチ活動に対しても援助要請研究の知見は示唆に富むと思います。

援助要請の介入研究が国内でも増加していますが,介入研究全体を俯瞰するような理論的枠組みも重要と思っているところです。今年度はデータ収集よりも,そのような理論的な整理を試みたいと思っています。またいろいろお話ししましょう!
| 本田 | 2014/04/18 11:51 AM |

>本田先生

コメントありがとうございます!
援助要請の概念や測定に関する議論・整理では、先生の論文を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

介入研究の理論的な整理に取り組まれるとのこと、
成果を楽しみにしています!
学会シンポもよろしくお願いいたします。
| massa | 2014/04/20 10:34 AM |










1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助 (JUGEMレビュー »)

援助要請・被援助志向性研究の最前線!困っていても助けを求めない・求められない人たちをどのように理解し、そして支援を届けるか。
Temple Grandin [DVD] [Import]
Temple Grandin [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

テンプル・グランディン先生の映画!みなさんに絶対に観てほしい!
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助 (JUGEMレビュー »)
本田 真大
援助要請の観点をどのように臨床現場で活用するか、わかりやすくまとめられています。「助けて」といえない子どもや親の心理を理解したい方、対応に悩んでいる方、そして援助要請研究に興味を思っている方にもお勧めの1冊です!
ちづる [DVD]
ちづる [DVD] (JUGEMレビュー »)

自閉症のちーちゃん(ちづる)をおにーちゃん(監督)が卒業制作として撮ったドキュメンタリー映画。
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action (JUGEMレビュー »)
Clara E. Hill
第4版が出ました!
Hill先生が提唱するヘルピングの3段階モデルと、各段階で用いられるスキルについての解説。パーソンセンタードアプローチ、精神力動的アプローチ、行動的アプローチを統合したモデルで、自分の援助理論と実践を整理するのにとても役立っています。
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味 (JUGEMレビュー »)
岡 昌之
悩んだり行き詰まりを感じた時にいつも助けてもらっている一冊。
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講 (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ヤーロム
ヤーロム先生の言葉が響きます。ふと気が向いたときに、本を手にとって、偶然開いたページを読んだりしています。
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく) (JUGEMレビュー »)
向谷地 生良
心理職はもちろんのこと、対人援助職の人にぜひお薦めしたい1冊。援助すること、助けるということについて、改めて考えてみませんか?
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方 (JUGEMレビュー »)
水野 治久
「チーム援助」を支える研究、そして実践まで!
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」 (JUGEMレビュー »)
吉川 悟
システムズアプローチを学ぶ人、必携。
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41)
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41) (JUGEMレビュー »)
綾屋紗月
丁寧に、真摯に、目をそむけずに、言葉にして、伝えること。
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因 (JUGEMレビュー »)
スコット・D. ミラー,マーク・A. ハブル,バリー・L. ダンカン
心理療法の治療的変化に寄与する4つの要因(ーN迭依廾、⊆N鉄愀戸廾、モデルや技法要因、ご待、希望、プラシーボ要因)を具体的にどのように心理療法の実践に生かしていくのか?

このページの先頭へ