完全な不安定という安定した日常blog

完全な不安定という安定した日常を送っています。
そのような日々の中で、
読んだ本や日常のこと、
心理学や研究のことを記録していきます。
ブログ・研究のキーワード:甘いもの、心理学、被援助志向性、援助要請行動(help-seeking behavior)、学生相談、学生支援、大学生、発達障害、ヘルピング・スキル(helping skills)などなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ついに刊行!『ヘルピング・スキル 【第2版】 探求・洞察・行動(アクション)のためのこころの援助法』
待ちに待った『ヘルピング・スキル』が届きました!

Hill先生の「日本語版への序文」もあり、1人で感激してます。

第2版の翻訳ですが、原書は現在第4版が刊行されています。
初版が1999年刊行で、すでに第4版が刊行。
頻繁に改訂されており、内容がアップデートされている点からも、
この本の信頼性が伝わります。
ちなみに各版の変更点と目次をまとめたものはコチラ。
『完全な不安定という安定した日常HP→ヘルピング・スキル→その他もろもろ』

自分の勉強用に第3版を訳していたのですが、
自分の語学力の限界で、正確に内容を理解できていない箇所もあるので、
この翻訳版と原書を改めて読み比べてみたいと思います。

なお、原書ではAPAのHPでweb formをダウンロードできるようになっており、
この翻訳書でも出版社の金子書房さんのHPから、ダウンロードできるようになっています。
(書籍に記載されているID・パスワード必要)

Hill先生の3段階モデルは実証的研究に基づいており、
それらの研究成果は『Helping Skills: The Empirical Foundation 』として刊行されています。
今回の翻訳版の刊行をきっかけに、
日本でもヘルピング・スキルに関する研究が進んでいくといいな。
(まず、自分がやれ、という感じですが。。。)

『ヘルピング・スキル』は、
もちろんヘルピング・スキルを学びたい、身に付けたいと言う方に有益な本だと思いますが、
個人的には、ヘルピング・スキルを教える側、
あるいは対人援助職や広くヘルパーを養成する人たちにとって大変役立つ本だと思います。
非専門家の方へのヘルピング・スキルのトレーニングやその効果など
実践・研究したいな。

ということで、対人援助職やヘルパーの養成に携わっている方に特にオススメの1冊です。
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 18:07 | comments(0) | - |
『ヘルピング・スキル 探求・洞察・行動(アクション)のためのこころの援助法』
ついに『Heliping Skills』の翻訳が金子書房から刊行されるようです。

金子書房HPでの紹介はコチラ↓
『ヘルピング・スキル 探求・洞察・行動(アクション)のためのこころの援助法』

9月上旬発行予定とのこと。待ち遠しいです。

第何版の翻訳だろう。。。
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 00:54 | comments(0) | - |
『Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action 4th ed.』
クララ・ヒル先生のヘルピング・スキルの第4版が刊行されましたが、やっと手元に届きました。
まだじっくりと目を通していないのですが、第3版からの変更点と各版の目次を更新しました。
完全な不安定という安定した日常HP→ヘルピング・スキル helping skills→others その他もろもろ
ご関心のある方は、どうぞ。
 
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 22:58 | comments(0) | - |
第4版が刊行!!『Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action』
Hill先生の『Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action』の第4版が刊行されました。
APAの紹介ページはコチラ

なんと、600ページ!
第3版からページ数が大幅に増。
第1部のoverviewには、
”self-awareness”と ”cultural awareness”という章が追加されているとのこと。

早く読みたい!!
またがんばって訳さないと。

そもそも『Helping Skills』って何?、という方は、こちらをサイトご参照ください。
『完全な不安定という安定した日常HP』→『ヘルピン・グスキル』
 
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 18:24 | comments(0) | - |
Helping Skills: chap.18 Integrating the Three Stages まとめ1
Hill, C. E. 2009 Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action, Third Edition. American Psychological Association. 

chap.18 Integrating the Three Stages pp.365.
3段階の統合

1
Session Management
セッションのマネジメント

ヘルピングモデルを実施するための“正しい”方法はない。それぞれのヘルパーが異なるスタイルを持ち、そしてそれぞれのクライエントが異なるニーズと固有の反応を持つ。ヘルパーに正確な手引き、あるいはマニュアルを提供することは不可能である。したがって、いったんヘルパーが特定のスキルを届ける方法を学んだら、彼らは自分自身のスタイルを開発し、自身のの生き方にヘルピングスキルを統合する必要がある。ヘルパーはそれぞれのヘルピングのやりとりに特定の方法を適用する必要もある。クライエント、先生、そしてスーパーバイザーからのフィードバックに開かれていることは、自分自身のスキルを向上させるための優れた方法である。

*最終章「3段階の統合」では、ヘルピングのセッションを通して、どのようにヘルピングスキルを用いるか、適用するかが解説されています。ヘルピングのスキルを使えるようになっても、それだけでは何の意味もありません。ヘルピングスキルを使えるようになることがヘルピングスキルを修得することの目的ではないですからね。
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 09:50 | comments(0) | - |
Helping Skills: chap.14 Overview of the Action Stage 4 まとめ
Hill, C. E. 2009 Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action, Third Edition. American Psychological Association. 

chap.14 Overview of the Action Stage pp.292-293.

4
Markers for Knowing When to Move to Action
アクションに移行するときを知る目印

大抵はクライエントがアクションの準備が整うまで待つのが一番良い。クライエントがアクションに移る準備が整ったかもしれないことを示すいくつかの指標がある。一つ目はクライエントが洞察を得て、アクションについて自発的に話し始めた時である。

アクションが必要とされているであろうもうひとつの状況は、クライエントが特定の問題を示し、その問題から単に解放されたい時である。そのような場合は、適切な問題に取り組んでいるということが確信できるほど十分に自己探索を行った後に、ヘルパーはその問題に正面から取り組み、ヘルパーが施し方を知っている役立つことを提供する。

アクションに移るもう一つの目印は、クライエントが洞察に行き詰まり変化していない時である。

最後に、あるクライエントは危機状態にあり、即座にある変化を起こす必要がある。そのようなクライエントとは、ヘルパーは自己探索と洞察段階を短くして、すぐにアクションに移る必要がある。

*コメント
3段階モデルにおいては(このモデルに限りませんが)、どの段階で次の段階に移行するかが重要なポイントになると思います。
この指標は1つの参考になると思います。
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 00:00 | comments(0) | - |
Helping Skills: chap.14 Overview of the Action Stage 3
Hill, C. E. 2009 Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action, Third Edition. American Psychological Association.

chap.14 Overview of the Action Stage 3 pp.290-292.

3
Philosophical Underpinnings
哲学的基盤

アクション段階の主要な哲学的基盤は、クライエントが自分の人生の積極的な主体であるということである。

それからこの段階は依然として、ヘルパーがクライエントに変化を強いるというよりもむしろ変化についてクライエントが考えるのを促進するという、クライエント中心である。この段階でのヘルパーにとっての目標は支持的な環境を提供し、クライエントが自身の問題を解決し、意思決定するのを促進することである。したがって、ヘルパーは彼らがより以前の段階でそうであったのと同じようにまさに共感的で支持的である必要がある。

クライエントが何か異なることをすることを自分で決める時、それはクライエントが何をすべきかをヘルパーが指示する時よりも、自分のアクションについて責任と当事者意識をもつ可能性があるだろう。クライエントに何をするかを伝えることは、たとえクライエントがアドバイスを求めたとしても、クライエントはヘルパーに依存的になるので、しばしば援助的でなく、もしクライエントが他の人関関係に置いても同様のパターンをもつのならば特にそうである。ヘルパーは常にクライエントのためにそこにいることはできず、だから、ヘルパーはクライエントに変化のために自分自身を動機づける方法や自分の人生において変化を実行する方法を教える必要がある。したがって、ヘルパーはクライエントの問題を解決するよりもむしろ、クライエントの問題解決能力を高めることを達成しようと努力する。

ヘルパーのスキルは、どんな意思決定がなされるかではなく、クライエントが変化について探索し意思決定するのを援助することに関与する。したがって、ヘルパーの目標は、クライエントが変化したいかどうかを探索するのを促すことであり、もしそうであれば、彼らが望ましいと考える変化を起こすことを援助することである。この客観的なスタンスは達成するのは難しいけれども、クライエントを大切にしつつも、ヘルパーがクライエントがどの方向を選ぶかはかまわないことが何よりも重要である。さもなければ、クライエントが自分の両親にしていたようにヘルパーを喜ばしたりあるいは反抗したりするために、幼少期のパターンを再現することはクライエントにとってはあまりに簡単なことである。代わりに、ヘルパーは答えを与えたり、クライエントに何をすべきかを伝える専門家としてよりはむしろ、意思決定のプロセスを促す人として役立ちながら、意思決定においてクライエントと協働する。

*コメント
アクション段階に限らず、広くヘルピング関係においてヘルパーが注意しなければならないことだと思います。自己探索段階、洞察段階よりも、アクション段階ではついつい陥りがちな課題とも言えます。

| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 13:43 | comments(0) | - |
Helping Skills: chap.14 Overview of the Action Stage 2
Hill, C. E. 2009 Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action, Third Edition. American Psychological Association.

chap.14 Overview of the Action Stage 2 pp.289-290.

2
Deterrents to Action
アクションを妨げるもの

新たに得られた洞察は、時として自然とアクションを引き起こす。クライエントが洞察段階で自分自身について学んだことをどのように適用させられるかについて話し始めると、あるクライエントにとっては自然とアクションへの移行が生じる。

しかしながら、またあるときには、洞察は自然にはアクションを導かず、おそらくそれはクライエントが行き詰まりを感じ、状況を完全には理解していない、あるいは知的水準のみで理解している、または問題を維持している自身の役割に個人としての責任をもっていないからである。

洞察が直接アクションを導かないかもしれないもう一つの理由は、クライエントが必要とされるスキルをもっていないかもしれないと言うことである。

たとえ自分自身に十分に理解し、変化のためのスキルをもっているとしても、クライエントは変化への動機づけを欠いているかもしれない。古い習慣を変えることは難しく、彼らは新しい何かを試みることに脅えているので、変化を妨害されていると感じるかもしれない。彼らはやる気を失い、変化できると信じないかもしれない。彼らはまさに変化について考え始めるための勇気づけが必要かもしれない。

最後に、クライエントは能力や資源の限界のために、クライエントが望むそして必要とする変化の全てを常に起こすことができるわけではない。したがって、この段階の目的はクライエントが可能性の制限の中で変化を起こすことを学び、出来る限りそれらの可能性を広げることができるにすることである。この見方は全ての人が彼/彼女が望むことはどんなことでもすることができると言う理想主義的な考えとは合わないかもしれないけれども、その人の限界を認識し、それらの制限の中で可能性を最大限にするというより現実的な考えにあっている。

*コメント
洞察が必ずしもアクションを導くわけではない。アクション段階に移行したとしても、自己探索段階、洞察段階を行きつ戻りつしながら、またそれぞれの段階で用いられるヘルピングスキルを用いながらアクション段階を進めていく必要がある。また、この段階で改めて、ヘルピング関係を通して本人が達成したい目的について、具体的にそして現実的に検討する必要がある。
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 10:50 | comments(0) | - |
Helping Skills: chap.14 Overview of the Action Stage 1
Hill, C. E. 2009 Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action, Third Edition. American Psychological Association.chap.

chap.14 Overview of the Action Stage 1 pp.288-289.


1
Rationale for the Action Stage
アクション段階の理論的根拠

洞察を超えてアクションへと移ることの2つの重要な理由がある。一つ目は、多くのクライエントは気分が良くなったり、特定の行動、思考、あるいは感情の変化を起こすために援助を求めるので、彼らがそれらの目標を獲得するのを援助することが重要だからである。クライエントはもし洞察を得るだけではなく人生において必要とする変化を成し遂げる方法についてのアイデアも生み出したとしたら、大抵より気分が良いであろう。

2つ目は行動を起こすことは洞察段階で学習した新しい考え方のパターンを強固なものとするために極めて重要である。アクションを通して、洞察はより理解できるものとなり、そして実践的なものとなる。新たな理解は、クライエントがその洞察を確固たるものとするのを援助する何かがなされない限り消えていくであろう。古い考え方のパータンや行動は、新しい考え方と行動が実践され、そして存在するスキーマに組み込まれない限り簡単に再び現れてくる。

*コメント
アクション段階がなぜ必要なのか、2つの理由が挙げられています。アクションを通して、より洞察が深まり、より自分のものとなっていく。洞察段階からアクション段階に移行して終わりという一方向のモデルではなく、洞察段階とアクション段階をいったりきたりする。もちろん、その両段階を支えているのは自己探索段階であり、そこをおろそかにしてはならない。
| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 10:50 | comments(0) | - |
Helping Skills: chap.14 Overview of the Action Stage
Hill, C. E. 2009 Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action, Third Edition. American Psychological Association.

chap.14 Overview of the Action Stage

三段階モデルの最後のステージはアクション段階です。

クライエントが自己探索をし、洞察段階において洞察を得ると、
アクション段階への準備が整います。

アクション段階のベースは行動理論です。

この段階で重視されることとして、Hill先生は、
ヘルパーがクライエントにアクションを指示することよりも
むしろ、クライエントがアクションについて考え、
そして意思決定を行うのを援助することである、
と述べています。

アクション段階においても、
自己探索段階で用いられるスキルは必要となります。

さて、アクション段階については、

14章では、アクション段階の概観、

15章では、アクションの目標を遂行するためのスキルについて、

16章では、4種類のアクション(リラクセーション、行動変容、行動リハーサル、意思決定)とそのステップについて、

そして17章で、
アクション段階のスキルの統合について、解説されています。

では、14章の内容について、簡単に紹介していきます。

| massa | helping skills ヘルピング・スキル | 19:00 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助 (JUGEMレビュー »)

援助要請・被援助志向性研究の最前線!困っていても助けを求めない・求められない人たちをどのように理解し、そして支援を届けるか。
Temple Grandin [DVD] [Import]
Temple Grandin [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

テンプル・グランディン先生の映画!みなさんに絶対に観てほしい!
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助 (JUGEMレビュー »)
本田 真大
援助要請の観点をどのように臨床現場で活用するか、わかりやすくまとめられています。「助けて」といえない子どもや親の心理を理解したい方、対応に悩んでいる方、そして援助要請研究に興味を思っている方にもお勧めの1冊です!
ちづる [DVD]
ちづる [DVD] (JUGEMレビュー »)

自閉症のちーちゃん(ちづる)をおにーちゃん(監督)が卒業制作として撮ったドキュメンタリー映画。
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action (JUGEMレビュー »)
Clara E. Hill
第4版が出ました!
Hill先生が提唱するヘルピングの3段階モデルと、各段階で用いられるスキルについての解説。パーソンセンタードアプローチ、精神力動的アプローチ、行動的アプローチを統合したモデルで、自分の援助理論と実践を整理するのにとても役立っています。
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味 (JUGEMレビュー »)
岡 昌之
悩んだり行き詰まりを感じた時にいつも助けてもらっている一冊。
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講 (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ヤーロム
ヤーロム先生の言葉が響きます。ふと気が向いたときに、本を手にとって、偶然開いたページを読んだりしています。
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく) (JUGEMレビュー »)
向谷地 生良
心理職はもちろんのこと、対人援助職の人にぜひお薦めしたい1冊。援助すること、助けるということについて、改めて考えてみませんか?
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方 (JUGEMレビュー »)
水野 治久
「チーム援助」を支える研究、そして実践まで!
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」 (JUGEMレビュー »)
吉川 悟
システムズアプローチを学ぶ人、必携。
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41)
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41) (JUGEMレビュー »)
綾屋紗月
丁寧に、真摯に、目をそむけずに、言葉にして、伝えること。
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因 (JUGEMレビュー »)
スコット・D. ミラー,マーク・A. ハブル,バリー・L. ダンカン
心理療法の治療的変化に寄与する4つの要因(ーN迭依廾、⊆N鉄愀戸廾、モデルや技法要因、ご待、希望、プラシーボ要因)を具体的にどのように心理療法の実践に生かしていくのか?

このページの先頭へ