完全な不安定という安定した日常blog

完全な不安定という安定した日常を送っています。
そのような日々の中で、
読んだ本や日常のこと、
心理学や研究のことを記録していきます。
ブログ・研究のキーワード:甘いもの、心理学、被援助志向性、援助要請行動(help-seeking behavior)、学生相談、学生支援、大学生、発達障害、ヘルピング・スキル(helping skills)などなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『わたしたちの手話学習辞典〈1〉』

ほんと〜うに言語習得が苦手で、なんでなんだろうといろいろ内省する日々です。

最近は手話と英語を平行して学習。

言語はひとつの言語を単独で学ぶより、同時に複数の言語を学習するほうが、

効率的なのかなと感じています。

いや、効率的かどうかはわかりませんが、モチベーションが続きます。

効果については、今のところ、それほどの実感でておりませんか。

でも続けられています。

手話学習ではこの書籍を重宝しています。

評価:
全国手話研修センター日本手話研究所
全日本ろうあ連盟
¥ 3,980
(2015-08)

| massa | 本を読もう(その他)。 | 22:11 | comments(0) | - |
『新装版 大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。』

中ノ島・淀屋橋界隈にちょくちょく用事があって、

なんとなくぶらぶら歩いていると、気になる建物がいっぱい。

新装版が出ていたので、今後の散歩用に購入。

 

外から見てても飽きないけど、やっぱり中にも入りたいな。

街中に普通にこのような建物が馴染んで建っているので、なんだか落ち着きます。

 

| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:23 | comments(0) | - |
絵本いいね。
気がつけば、2ヶ月近く更新していませんでした。
年度も替わり、なんだかばたばたしておりました。

最近は図書館で絵本を借りることが多いのですが、
絵本はいいですね。

今のお気に入りの3冊。

『きゅっきゅっきゅっ』
『いやだいやだ』
『きんぎょが にげた』

また大きくなれば、お気に入りも変わっていくかな。
| massa | 本を読もう(その他)。 | 20:50 | comments(0) | - |
『知ろうとすること。 (新潮文庫)』
科学的なデータを示したからといって、
必ずしも相手に伝わるわけでもない。

伝え方も大切だし、伝える側の信頼度も大切。

当たり前のことだけど、
伝える相手のことと、
メッセージを受け取る側のこと、
考えてきただろうか。

やっぱり当たり前のこと、当たり前に口にしていることって、
当たり前すぎで、できていないことが多い。

科学者(研究者)は社会に目を向けているか、
専門家コミュニティ内でのコミュニケーションに満足していないか。
どちらかに偏りすぎていないか。

心理の世界はどうだろう。

そして、文学が持つ力

こんなことを、考えさせられた一冊でした。
 
| massa | 本を読もう(その他)。 | 18:58 | comments(0) | - |
『最後のトリック (河出文庫)』・『その日東京駅五時二十五分発 (新潮文庫)』・『PK (講談社文庫)』
読んだ本の記録11
評価:
深水 黎一郎
河出書房新社
¥ 734
(2014-10-07)

評価:
伊坂 幸太郎
講談社
¥ 572
(2014-11-14)

| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:25 | comments(0) | - |
『静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫) 』・『切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 (角川文庫)』・『七色の毒 刑事犬養隼人 (角川文庫)』
読んだ本の記録10
| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:24 | comments(0) | - |
『ケルベロスの肖像 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』・『下町ロケット (小学館文庫)』・『掏摸(スリ) (河出文庫)』
読んだ本の記録9
評価:
中村 文則
河出書房新社
¥ 508
(2013-04-06)

| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:13 | comments(0) | - |
『珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』・『珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』・『ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫) 』
読んだ本の記録8
| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:10 | comments(0) | - |
『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)』・『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)』・『星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)』
読んだ本の記録7
| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:08 | comments(0) | - |
『円卓 (文春文庫)』・『ジェノサイド 上 (角川文庫)』・『ジェノサイド 下 (角川文庫)』
読んだ本の記録6
評価:
西 加奈子
文藝春秋
¥ 508
(2013-10-10)

| massa | 本を読もう(その他)。 | 11:05 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助 (JUGEMレビュー »)

援助要請・被援助志向性研究の最前線!困っていても助けを求めない・求められない人たちをどのように理解し、そして支援を届けるか。
Temple Grandin [DVD] [Import]
Temple Grandin [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

テンプル・グランディン先生の映画!みなさんに絶対に観てほしい!
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助 (JUGEMレビュー »)
本田 真大
援助要請の観点をどのように臨床現場で活用するか、わかりやすくまとめられています。「助けて」といえない子どもや親の心理を理解したい方、対応に悩んでいる方、そして援助要請研究に興味を思っている方にもお勧めの1冊です!
ちづる [DVD]
ちづる [DVD] (JUGEMレビュー »)

自閉症のちーちゃん(ちづる)をおにーちゃん(監督)が卒業制作として撮ったドキュメンタリー映画。
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action (JUGEMレビュー »)
Clara E. Hill
第4版が出ました!
Hill先生が提唱するヘルピングの3段階モデルと、各段階で用いられるスキルについての解説。パーソンセンタードアプローチ、精神力動的アプローチ、行動的アプローチを統合したモデルで、自分の援助理論と実践を整理するのにとても役立っています。
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味 (JUGEMレビュー »)
岡 昌之
悩んだり行き詰まりを感じた時にいつも助けてもらっている一冊。
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講 (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ヤーロム
ヤーロム先生の言葉が響きます。ふと気が向いたときに、本を手にとって、偶然開いたページを読んだりしています。
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく) (JUGEMレビュー »)
向谷地 生良
心理職はもちろんのこと、対人援助職の人にぜひお薦めしたい1冊。援助すること、助けるということについて、改めて考えてみませんか?
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方 (JUGEMレビュー »)
水野 治久
「チーム援助」を支える研究、そして実践まで!
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」 (JUGEMレビュー »)
吉川 悟
システムズアプローチを学ぶ人、必携。
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41)
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41) (JUGEMレビュー »)
綾屋紗月
丁寧に、真摯に、目をそむけずに、言葉にして、伝えること。
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因 (JUGEMレビュー »)
スコット・D. ミラー,マーク・A. ハブル,バリー・L. ダンカン
心理療法の治療的変化に寄与する4つの要因(ーN迭依廾、⊆N鉄愀戸廾、モデルや技法要因、ご待、希望、プラシーボ要因)を具体的にどのように心理療法の実践に生かしていくのか?

このページの先頭へ