完全な不安定という安定した日常blog

完全な不安定という安定した日常を送っています。
そのような日々の中で、
読んだ本や日常のこと、
心理学や研究のことを記録していきます。
ブログ・研究のキーワード:甘いもの、心理学、被援助志向性、援助要請行動(help-seeking behavior)、学生相談、学生支援、大学生、発達障害、ヘルピング・スキル(helping skills)などなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『百寺巡礼 第一巻奈良 (五木寛之 百寺巡礼)』
関西に来て、お寺もぐるぐる回っています。

この『百寺巡礼 第一巻 奈良』に載ってるお寺は、
  • 室生寺
  • 長谷寺
  • 薬師寺
  • 唐招提寺
  • 秋篠寺
  • 法隆寺
  • 中宮寺
  • 飛鳥寺
  • 當麻寺
  • 東大寺
やっとすべて巡ることができました。

特に印象に残ったのは、
飛鳥寺と秋篠寺。

飛鳥寺に行ったのは、ちょうど去年の今頃。
太陽が照りつける中、レンタサイクルを漕ぎながら、
たどりついた飛鳥寺の小ささに正直驚きました。
でも、その中にいる「飛鳥大仏」にさらに驚き。
まじかで向き合う飛鳥大仏には圧倒されました。

秋篠寺は、光るようなグリーンの苔と自然の音を感じられる静寂。
伎芸天の表情は何とも言えません。

奈良は、いいな。

| massa | 旅をしよう。 | 21:54 | comments(0) | - |
あっ、5月だ。
新年度が始まって、
新しい仕事もいろいろ経験させてもらって、
とても充実しています。

そんなんで、
気づいたら4月はブログをまったく更新できず、
5月になってしまいました。

とりあえず、身体をこわさず、
ぼちぼちとやっております。
(ちょっと太った気もしますが。。。あと髪もだいぶ伸びました。)

大阪に来て、ちょこちょこと旅(観光)しています。

伊勢神宮、法隆寺、高野山、桜の名所めぐり、などなど、
関西圏めぐり。

まだまだ全然巡りきれていません。

大阪に来て5か月。

関西っていいですね。

| massa | 旅をしよう。 | 21:36 | comments(0) | - |
三重県初上陸@伊勢神宮
心理と関係のないエントリが続きますが。

先日、ふと思い立って、伊勢神宮まで日帰りで行ってきました。

電車に揺られること、片道2時間半、往復5時間。
伊勢神宮の滞在時間よりも電車に乗っていた時間の方が圧倒的にながかったですが、
でも、久々にじっくりと読書ができました。
ゆったりとした時間の流れでした。

内宮はすごい人でした。
この機会に、日本の歴史を勉強し直したいと思います。

地ビールや松坂牛のコロッケやサンマやたこ棒を食べ(飲み?)歩き。
ごちそうさまでした。

つぎは、どこへ行こうかな。

地ビールのあるところに行きたいなー。






| massa | 旅をしよう。 | 21:29 | comments(0) | - |
研究会、その後:大阪ぶらり編。
26日(土)が援助要請研究会。
1泊して、27日(日)は大阪をぶらぶらしました。

まずは、夏に大阪に行った時にも立ち寄った鶴橋へ。



一人怪しげにベンチに座って、筋ホルモンとかぼちゃのチヂミを食べました。


↑筋ホルモン、500円なり。


↑色々な種類のチヂミがあって悩む。


↑意外なかぼちゃのチヂミを食べました。300円なり

その後、道頓堀へ。
相変わらずたこ焼きは大行列。たこ焼きは夏に来た時にモリモリ食べたので、
今回は夏の時には食べられなかった、金龍ラーメンへ。


↑金龍ラーメン、600円なり。キムチのトッピングは無料。

ホテルの朝食が無料だったので、ついついいっぱい食べてしまい、
この時点でもう、おなかは限界。


時間もあまりなかったので、食べるのはここまでにして、
楽しみにしていた、太陽の塔へ。

岡本太郎先生、生誕100年ということで、
ドラマがやっていたり、色々な企画がやっていたりで、
万博記念公園も、今まで行った中では、一番人が多かったです。


↑何度見ても、すごい!

太陽の塔を見た、子どもたちのはしゃぎっぷり、熱狂ぶりがすごかった。
子どもをも魅了する、さすがです。


↑いい顔しています。

EXPO'70 パビリオンでは、黄金の顔展がやってました。



館内は写真撮影自由!、と岡本太郎先生の想いを大切にしています。


↑黄金の顔、大迫力。

新幹線の時間が迫っており、あわただしい大阪ぶらり旅でした。

さて今度はいつ大阪にいけるかな。

研究会に大阪観光にと、とても充実した1泊2日大阪旅でした。
| massa | 旅をしよう。 | 11:51 | comments(0) | - |
大阪と奈良の旅。
学会前に、大阪と奈良の観光へ。
やっぱりまずは太陽の塔。
以前も学会で京都に行った時に万博公園まで足をのばしました。
何度見ても圧倒されます。

P1000207.JPG

むっ、とした表情も愛らしい。むっむっ。

P1000210.JPG

個人的には最高のパワースポットです。

その他、なんば、大阪城、通天閣、鶴橋などなどめぐる。
たこ焼き、チヂミ、お好み焼きと粉ものづくし。


奈良は思っていたよりも大阪から近かったのでせんとくんに会いに行くことに。
奈良公園のシカさんは暑さでややぐったり?

P1000217.JPG

駅近くの商店街で大きなどら焼きを発見。
もちろん購入。
歩きながら大きなどら焼きを食べてたら、修学旅行の中学生らしき少女たちは、
こちらに何やら好奇の目を向ける(あやしいおっさんを見る目で)。
別にあやしくないですよ。ただ甘いものが好きなだけ。
ふふふ、幸せ。

P1000220.JPG

楽しい大阪・奈良の旅でした。
| massa | 旅をしよう。 | 18:47 | comments(2) | - |
猫魔という名にひかれて。
せっかくのGW。
たっまている本を読みながらダラダラ日々を過ごす。悪くない。

ふと思いつきで旅をするのもまた悪くない。

自分では自分のことを計画的な人間な方かなと思ったりもするのですが、
けっこう衝動的、場当たり的なようです。

ということで、猫魔という名にひかれて、裏磐梯へ。

P1000185.JPG

別に猫好きというわけではないけれど。嫌いでもない。

裏磐梯は予想以上でした。
五色沼は、写真などで見て、きれいな青色で上手に写真撮ってんだろうな、実際はどうだか・・・とあまり期待していなかったのですが。

P1000183.JPG

写真ではわかりずらいですが、
そのコバルトブルーには“あぁ〜〜”と何とも声にならない声が自然に口から出ていました。
かなりオススメスポットです。

日本は深い。まだまだ沢山、ステキなところがあるんだろうな。

猪苗代は、予想以上に何もなく・・・。
野口英世記念館と猪苗代地ビール館でビールを堪能。
P1000187.JPG

郡山駅では、地方都市の現実を目の当たりにしました。
閉鎖している店舗が多く、なんかさみしい気持ちになりました。

また10年後か20年後にでも裏磐梯に行ってみたいな。

赤べこさん、またね。
P1000189.JPG
| massa | 旅をしよう。 | 00:49 | comments(0) | - |
小笠原へ。
9月の前半に小笠原諸島(父島)へ行ってきました。
なぜ小笠原諸島かというと、これといった理由は思いつかないんですね。
きっと、いつもの衝動的な行動なんだと思います。

それでも、何かひかれるところがあったんでしょうね。
島が好きみたいです。
だいぶ以前ですが、八丈島に行ったりと。

台風の影響で一日遅れの出発。
海は荒れて、船揺れるのかなー、
父島の天気はどんなんかなー、
泳げるのかなー、
などなどいろいろ行く前には心配が着きませんでした。

ですが、幸い、天気にも恵まれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
やはり台風の影響でやや海は荒い感じでしたが、それでも海はきれいですぐ近くでお魚さんが見ることもできたし、星空も最高でした。

小学生か中学生のときの学校の旅行で山に行ったときに、すんごくキレイな星空を見た記憶があるのですが、
それで、現実にみた映像なのか、勝手なイメージでつくりあげられた記憶なのかが区別できないのです。
それで、もう一度きれいな星空をみて、その昔の記憶が正しいのかどうかを確かめたいという思いがずっとあったのです。

小笠原の星空は、自分の記憶が正しかったことを証明してくれました。
天の川が見えて、数え切れない星に感動しました。

ジョンビーチ、ジニービーチも、道なき道を進み、フリークライミングように砂山や岩山の登ったり降りたりでしんどかったですけど、きれいな海と砂浜を見ることができ、別世界に別世界にたどりついたようでした。

オカヤドカリかわいかった。野生のヤギもいた。陽に焼けた。

島の生活というものにも興味がわきました。
東京(小笠原も東京都なんですが・・・)とは、まったくかけ離れた生活。
不思議な感じがしました。

船上時間およそ52時間、滞在時間およそ52時間

民宿かなめさん、お世話になりました。
おかげさまでとても充実した旅行になりました。
| massa | 旅をしよう。 | 00:14 | comments(0) | - |
1
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助
援助要請と被援助志向性の心理学: 困っていても助けを求められない人の理解と援助 (JUGEMレビュー »)

援助要請・被援助志向性研究の最前線!困っていても助けを求めない・求められない人たちをどのように理解し、そして支援を届けるか。
Temple Grandin [DVD] [Import]
Temple Grandin [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

テンプル・グランディン先生の映画!みなさんに絶対に観てほしい!
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助
援助要請のカウンセリング: 「助けて」と言えない子どもと親への援助 (JUGEMレビュー »)
本田 真大
援助要請の観点をどのように臨床現場で活用するか、わかりやすくまとめられています。「助けて」といえない子どもや親の心理を理解したい方、対応に悩んでいる方、そして援助要請研究に興味を思っている方にもお勧めの1冊です!
ちづる [DVD]
ちづる [DVD] (JUGEMレビュー »)

自閉症のちーちゃん(ちづる)をおにーちゃん(監督)が卒業制作として撮ったドキュメンタリー映画。
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action
Helping Skills: Facilitating Exploration, Insight, and Action (JUGEMレビュー »)
Clara E. Hill
第4版が出ました!
Hill先生が提唱するヘルピングの3段階モデルと、各段階で用いられるスキルについての解説。パーソンセンタードアプローチ、精神力動的アプローチ、行動的アプローチを統合したモデルで、自分の援助理論と実践を整理するのにとても役立っています。
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味
心理臨床の創造力―援助的対話の心得と妙味 (JUGEMレビュー »)
岡 昌之
悩んだり行き詰まりを感じた時にいつも助けてもらっている一冊。
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講
ヤーロムの心理療法講義―カウンセリングの心を学ぶ85講 (JUGEMレビュー »)
アーヴィン ヤーロム
ヤーロム先生の言葉が響きます。ふと気が向いたときに、本を手にとって、偶然開いたページを読んだりしています。
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく) (JUGEMレビュー »)
向谷地 生良
心理職はもちろんのこと、対人援助職の人にぜひお薦めしたい1冊。援助すること、助けるということについて、改めて考えてみませんか?
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方
子どもと教師のための「チーム援助」の進め方 (JUGEMレビュー »)
水野 治久
「チーム援助」を支える研究、そして実践まで!
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」
家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」 (JUGEMレビュー »)
吉川 悟
システムズアプローチを学ぶ人、必携。
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41)
増補 前略、離婚を決めました (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ 41) (JUGEMレビュー »)
綾屋紗月
丁寧に、真摯に、目をそむけずに、言葉にして、伝えること。
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因
心理療法・その基礎なるもの―混迷から抜け出すための有効要因 (JUGEMレビュー »)
スコット・D. ミラー,マーク・A. ハブル,バリー・L. ダンカン
心理療法の治療的変化に寄与する4つの要因(ーN迭依廾、⊆N鉄愀戸廾、モデルや技法要因、ご待、希望、プラシーボ要因)を具体的にどのように心理療法の実践に生かしていくのか?

このページの先頭へ